DDとSTPとECN取引方式の違いを徹底解説!XMはNDD取引

FX業者ってどうやって儲けているかご存知ですか?
これがわかると、どのタイプの口座を解説するとよいかわかるようになります。

特に、国内FX業者と海外FX業者では、約定方式(注文執行方式)が違います。

一つ一つ解説していきます。

国内FX業者=「相対取引」

国内FX業者が採用しているのは「相対取引(OTC取引/店頭取引/DD取引)」です。

相対取引(あいたいとりひき)とは

FX業者が顧客からの注文を市場に通さずに、自社内で注文を抱える取引方法のこと。

リスクを抑えるためにカバー取引をするケースはあるものの、スプレッドの狭い国内FX業者は9割以上の注文はそのまま市場に流さずに抱え込むので、インターバンク市場での取引はほとんどなく、国内FX業者と投資家と一対一での取引になります。

  • トレーダーが利益を出す → FX業者が損失
  • トレーダーが損失を出す → FX業者が利益

となります。

国内FX業者=「相対取引」

国内FX業者の殆どが、スプレッドが狭く提示されています。

その理由の一つは、競合のFX業者が増えていることが上げられるのですが、他にも理由があります。

上記の説明でピンと来た方もいるかも知れないですが、実はFX業者はスプレッドを0にしたとしても儲けることができるのです。

その理由は、

  • トレーダーが利益を出す → FX業者が損失
  • トレーダーが損失を出す → FX業者が利益

つまり、FXの世界では、負トレーダーのほうが圧倒的に多いためです。つまり、負トレーダーが圧倒的に多い=FX業者は儲けることができるというわけですね。

海外FX業者=「NDD取引」

海外FX業者が採用しているのは「NDD取引(STP取引/ECN取引)」です。

NDD取引とは

NDD「ノン・ディーリング・デスク」となり、ディーラー(仲介者)不在の取引システムのことで、全自動で人を介在しないで取引ができる仕組みのことです。
MT4などに直結しており、顧客の注文が直接市場に行って、そこで約定します。

顧客の注文が直接市場に行くので、相対取引のように、FX業者が注文を抱え込むことがありません。FX業者は注文を抱え込まないので、利益を作るポイントを手数料に求めます。

なので、海外業者はスプレッドが高めに設定されているのです。

NDDにはSTPとECNがあります。

STP取引とは

STPとは「Straight Through Processing」、インターバンク市場から提示された複数の価格レートの中から、トレーダーにとって一番有利な価格を自動的に選択して、売買を成立させる取引方法のことです。
つまり、トレーダーと一番安く提示した金融機関をマッチングする自動システムです。マッチングの際に、スプレッドを手数料(マークアップ)として上乗せします。

ECN取引とは

ECNは「Electronic Communications Network」とは、インターネット上に取引所があり、そこに市場参加者が自由に「買い注文」「売り注文」を提示することで、同じ価格で「売り」「買い」注文があってはじめて売買が成立します。

スプレッドは純粋にインターバンクの買値と売値の差になるため、低スプレッドが実現し、時には「ゼロやマイナスのスプレッド」になることもあります。

透明性の高い方法ですが、スプレッドとは別に手数料が徴収されることが多いです。これは、そのまま市場に注文を流すため、FX業者がスプレッドを用いて手数料を徴収できないためです。

ただし、この外付けの取引手数料を考慮しても通常の口座よりもコストがかからない場合が多いです。

スプレッドが狭くてもFX業者が儲かる理由

市場と直接取り引きを行うNDD方式の方がより安全と言えると言えます。

なぜなら、DD方式(相対方式)の場合は、FX業者はトレーダーに負けてもらわないと利益が出ないからです。

そのため、DD方式を扱う国内業者の場合、以下のことが発生するケースがあります。

・ストップ狩り

・レートずらし

・スキャルピングの禁止

約定の拒否

・故意のシステムダウン

・故意のスリッページ

NDD方式であれば、STP取引、ECN取引のいずれでも良いかと思います。

「ECN方式」の特徴

・取引手数料が有料

・スプレッドが狭い

・リクォートなし

・板情報がみれる場合がある

こんな人におすすめ

スキャルピングトレードをしたい人

「STP方式」の特徴

・取引手数料が無料

・スプレッドがやや広い

・最大レバレッジが高い

・最低入金額が低い

こんな人におすすめ

自己資金が少ない方でハイレバレッジでトレードがしたい人

海外FX業者=「NDD取引」

XMの魅力

・トレーダーへの還元が凄い(3種類のボーナス制度)
・追証が無いので予期せぬ借金を背負うことが無い
・高いレバレッジによって小資金から効率的なトレードが出来る
・NDD方式採用によって業者とトレーダー間に透明性が保たれた取引が出来る
・日本語でのサポートがある
・非常に審査が厳しい金融ライセンスを所持しており、信託保全にも加入している

海外FX口座なら低資金から始めることが可能です!

国内FX業者(25倍)に比べスプレッドが500倍からと、手元の資金は1万円から始めることが可能です。

ゼロカットシステムにより、口座資金以上の損失は発生しません

XM ならXMポイントと呼ばれるポイントがトレードごとにたまります。これは、1トレード(1ロット:10万通貨)あたり最大733円のポイントバックが受けられます。

ポイントバックだけでなく、口座開設時に3000円のボーナス、更には入金時に50%ボーナスもつくので是非このチャンスにFXを始めてみてください!